NORA&MR.DOG

Cat_Anecdotes100 -story 001-

 


nora

Once upon a time there was a stray cat.

むかしむかし、あるところに野良ネコがいました。

Cat’s name was Nora.

野良猫の名前は、ノラと云いました。

Nora spent every day drawing.

ノラは、ひとり絵を描き暮らしていました。

Though she obtained her daily bread, Nora had a hard time.

彼女は、日々の糧を紡ぐのに精一杯の毎日でした。

Nevertheless, she kept on drawing.

でも、ノラは絵を描くことが好きでした。

Nora was a stray cat.

けれどもノラは野良でした。

Her friend was Mr. Dog.

友だちは、犬さんでした。

Who was a domestic dog.

犬さんは、飼われ犬でした。

Nora and Mr. Dog were good friends.

二人は、仲良しでした。
Cat society looked down on Nora and Mr. Dog’s friendship.

イヌとネコが友達だなんてとネコ社会でノラは白眼視されました。

Nora was alienated from other cats.

故に、ネコ社会から疎外されていました。

Still, Nora was happy,

でもノラは幸せでした。

Because she had a friend.

犬さんがいるから。

 

 

One day Mr. Dog came to Nora’s house to play.

ある日、犬さんがノラの家に遊びに来ました。

Mr. Dog brought the dog food with him.

ドックフードを持って。

Nora had seen the dog food and smiled wryly, but Nora was glad.

ドックフードはちと苦手だがノラは嬉しかったのです。

They took a walk in the field.

たまに野原を散歩。

The sky was clear and blue.

空は透き通るような青 。

Nora had drawn Mr. Dog on the field.

野原で 犬さんを描いたりしました。

Mr. Dog felt embarrassed when he had seen the drawing, and he said, that it did not resemble him.

犬さんは「そんな顔じゃねぇ」とか言ったりして・・・。

His face looked indifferent.

ちと冷ややか。

However, he was pulling grass to hide his embarrassment.

けれど、犬さんは草をちぎりながら照れ隠し。

 

 

Days passed one after another.

続く毎日。

Nora had to work a lot to have any daily bread.

ノラは、日々の糧を紡ぐ。

She worked even when she felt illness and pain.

苦しい日々を我慢しました。
Nora and Mr. Dog continued their walks on holidays.

休日は、犬さんと散歩。

And each day was the same.

同じことの繰り返し。

Mr. Dog didn’t complain.

でも犬さんは文句一つ云いません。

Maybe he wasn’t of the talkative kind.

元来無口な性格かもしれません。

In Nora’s innocent eyes reflected the same image —

あどけないノラの瞳にうつる世界は、

Mr. Dog that calmly lies in the meadow under the blue skies.

青と緑に佇む犬さんの姿でした。

nora2

 

 

It was a stormy day outside.
外が嵐の日。

Nora was drawing alone at home.

独りで絵を描くノラ。
She had received dog food in a parcel.

ポストにドックフードが届いていました。

Who could have sent it?

誰からでしょう?
Mr. Dog sent it to her.

犬さんからでしょう。
And she went on drawing while eating the dog food.「po-ri♪po-ri♪」.
ノラはポリポリとドッグフードをつまみながら、絵を描きつづけました。

nora3

 

The storm passed.

そうして、嵐は過ぎました。

It became warm in the afternoon.

陽気なとある午後。

Nora spends her days as usual.

いつものように日々の糧を紡ぐノラ。

Once, on the way back home Nora decided to take a peek into Mr. Dog’s house.

何か犬さんのことが思い出され 犬さんの家を帰り道に少しのぞきに行きました。

She visited him and from the front gate she saw a funeral…

家の門の陰からモジモジしながら訪問しました。でも、ノラは見てしまったのです。

・・・・・!

Nora couldn’t stop her tears.

ノラは涙が止まりません。

She tried to convince herself that it was a lie.

心が苦しいのです。 本当じゃないかもしれない・・・と云い聞かせたり。

nora4

 

 

 

After that day Mr. Dog never came to Nora.

あの嵐の過ぎた日から、ノラのもとに犬さんは遊びに来ることはありませんでした。
Nora started a new drawing.

ノラは絵を描きつづけました。

Alone…

独り。

The sky was blue and clear as usual.

たまに窓から仰ぎ見る空は、いつものように 透き通るような青。

There was a paper and pen on the desk.

机の上には紙とペン。

And on the canvas was Mr. Dog’s picture.

キャンバスに描かれたあの犬さんの絵。

nora5

 

Your imagination will determine her future.

あなたの想いでこの先の彼女の未来を・・・。

Translation By Melaniya&Alicia

(End)

(おわり)

2007.9.17